造作家具の吊戸棚で収納スペースをアップさせる

新築マンションのオプション会定番の吊戸棚ですが活用すると非常に便利です。
通常、吊戸棚は天井上部へ設置するので毎日使うには不便ですが保存品や季節ものなど
一時保管するには非常に有効的です。
普段は使わないデッドスペースの上部に収納を設置する事で床面積を減らさずに
部屋の収納をアップさせる事ができます。
そうする事により普段使用するクローゼットやチェストなどを有効利用する事ができますね。
主な設置個所はリビングを避けて洋室がベストな選択です。(多少圧迫感がでる為)

主な高さや奥行ですが高さはドア枠に合わせて製作すると良いでしょう。
概ね30センチから45センチ程度がベストな寸法です。
奥行は標準で315ミリ程度ですが入れる物が軽い場合は450ミリでも良いでしょう。
更に利用できる機能は下部へハンガーパイプを設置すると普段着の上着やコートなどを
掛けておくのに非常に便利です。
更に手前へロールスクリーンを設置すれば簡易クローゼットのように隠す事もできます。
住戸によっては洗濯機上やトイレ上にもあると便利ですね。
各扉には耐震用のラッチレバーが付きますので地震で扉が開く事もありまんし
吊戸棚自体も壁へ直接固定しますので転倒する心配もありません。
主に仕上げはホワイトのポリエステル合板が主ですが造作家具ですので
お客様のご希望仕上げ材での製作も可能です。
クローゼット等の扉の近似色や鏡面仕上げなど沢山の種類からもお選び頂けます。
新築マンションを購入したはいいが収納スペースが少ないとお思いの貴方、
是非吊戸棚の設置で無駄の無い収納スペースを創ってください。
これから造作家具の吊戸棚設置をご検討中の方は造作家具専門店マンションオプション.comをご覧ください。